>HOME> ミックスマスタリング > アコースティックギター演奏の配信音質グレード

アコースティックギター演奏の配信音質を高めるツールやミックスマスタリング

安価な録音ツールが手軽に手に入る現在は、簡単にYouTubeで演奏を披露できるもの。歌や演奏にかなり自信を持っていても、意外と音質に自信がない人も多いです。

DAWを使い倒すエレクトリック系ミュージシャンは標準搭載されているソフト音源を使うだけでも充分にかっこいい出音が期待できます。しかし、生ギターなどアコースティック楽器のレコーディングはとても難しい。シンプルな演奏ほど繊細な録音が必要となりカッコいい音で配信するにはそれなりの環境やある程度の録音経験が必要です。

そもそも何を使ってアコースティックギターを録音しているのか?

コードストロークだけでも様になるアコースティックギターは自身の歌を聞いてもらいたいシンガーなどもとっつきやすい。でも録音するとなると意外と面倒。あなたはどんなツールを使用しているだろうか。

プロ仕様のレコーディング品質にはやや物足りませんが、安価でそれなりの高音質録音できる機材は多いです。それらを使用し、音質に欲がでたユーザーから音質改善依頼を受けることがあり先日知った録音機材。

LINE6ソニックポートVX+アコースティックギター

​エレキギター用のエフェクターとして既に定番的なブランドとなっているLINE6。最近はYAMAHAが扱うようになり、エフェクター以外の機材アイテムも充実してきたようです。

SONIC PORT VX(​​ソニックポートVX)は主にiPAD向けに開発された録音用インターフェース。コンデンサマイクが内蔵と、いうかその本体の半分を占めており、ライン入力ができないアコースティックギターや歌なども高音質録音が可能です。

先日、こちらの機材を使用しての作品の音質改善をさせていただきました。アコースティックギター+ボーカルによるカバー曲です。ボーカルのレベル設定が甘かったようで、各所のピークで少しクリップ(音割れ)してしまっていました。

ギターに関してはほぼ完ぺきな音質で収録されており、ネガティブ要素は見当たらず、楽曲に応じた音作りにすぐにとりかかることができました。ボーカルはやや問題があり、クリップのほかにも全編に入ったノイズなど原因がイマイチ特定できず。

ただ、この手のカジュアルなスタイルでの録音作品には必ずハムノイズという電気系のノイズが混入しているのですがそれは一切なかったのが意外でした。

ボーカルをプロっぽくするって結構難しいと思いませんか?

SONIC PORT VXは主にアコースティックギターを対象とされているため、付属のプラグインなどで手軽にかっこいい音が作れます。ただ、やはり歌などをそれで録音した場合はなかなかプロっぽく仕上げるのは難しいです。

特にDAW上でしっかりと作りこまれたマルチトラックの楽曲ならまだしも、歌+ギターなどでプロ並みの音源を作ろうものなら、それぞれの音質が相当良くなければサマにならないのが現実です。

当「ハイブリッド・サウンド・リフォーム」はそんな録音素材を丁寧にクリーニング。もう少しカッコ良くしたい「音」を磨きあげます。単純なノイズ除去から本格的なミックスやマスタリングも手頃な価格でお引き受けしています。なんと、実際にその音源で作業させていただき、音質改善効果を試聴してから決済いただけるとても親切なサービスです。

SONIC PORT VXで録音されたこちらのカヴァー作品は、元素材の音質改善をきっかけにMIX&マスタリングもご依頼頂きました。

お客様の声&改善事例

とても満足しています。まるで自分たちの演奏の腕が上がった錯覚を起こしてしましました。気分が良かったです。(シンガー)

の度は大変ご丁寧なご対応をいただき、大変感謝いたしております。諸々勉強になりましたし、また自分達だけではなく専門の方にお手煩いをいただいことに大きな意味があると考えています。  我々素人にとっては、少しでもいい音を追求できる御社のようなサービスは大変心強いものです。また次回にも(MAX録音音量に気をつけながら)お願いできる機会があれば幸いです。

(Guitar&Voデュオ)

 

maxresdefault.jpg

「音割れトラブル」のある音源の改善依頼がありました。10年前ならほとんど修復不可能とされていた「音割れ」。デジタル録音時代になってからは録音時のトラブルとしてとても多い案件です。

吹奏楽の三点吊りマイク収録の音割れトラブル

ビデオカメラ

ピーク音量を抑えきれずにデジタルリミッターが作動。不自然な息継ぎ現象が発生してとても気持ち悪い音声に。

動画収録時の音声に起こる不自然なリミッター(息継ぎ現象)の修復事例

ほしのちろる.PNG

地下アイドル星乃ちろるさんに「サウンドリフォーム」を提供しました。当サイトは元々、ライブハウス演奏を収録したときの音質のチープさを改善するための始めたサービス

演奏をリニアPCMレコーダーで録音した際、iPhoneが近くにあると録音データに結構酷いノイズが乗ってしまうという事例があるようです。いわゆるマイクが拾った客席の環境音のノイズではなく、音声データ自体を破壊するような非常に強いノイズです。

録音した演奏をバッチリ妨げる不快なノイズの軽減作業を行いました。

バンド演奏に混入した携帯電話の電波ノイズを取り除く(改善サンプル付き)

この世から色あせたSoundを撲滅させたい.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。少し前ではマジックそのものだった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

© 2020 by  hybridsounreform.com.