HYBRID SOUND REFORM

​最先端の整音・ノイズ除去・マスタリングをどなたにでも

​スマートフォンの普及により、動画撮影や録音は個人や自社にて収録する機会が増えています。しかし「綺麗な音」で録音するには専門的な機材や技術が必要。音声編集は素人にはやや敷居が高いものです。ハイブリッド・サウンドリフォームでは聴きづらいボイスメモを明瞭にしたり、音割れしてしまった動画の音声を修復をプロアマと問わずお手伝いしています。

音声編集の先端技術は映画作品を手掛けるポストプロダクション。しかし、その技術が一般ユーザーの録音物に使用される機会は滅多にありません。そんな技術を多くの方に提供できないかと考え2014年「音のリフォーム」サービスをスタートしました。

以後、多様な音質改善のニーズを受け一般ユーザーの音源に留まらず音楽・映画・教育・法律等の関連企業とも取引を拡大。動画や音声データの様々なお悩みを解決しています。

業務内容

法人のお取引先

HybridSoundReform.com

代表&Sound Refomer

/T.YAMAKAWA

音楽・音声のリフォームサービス「HybridSoundReform」代表の山川です。


1991年高校卒業後、レコーディングエンジニアを志し東京コンセルヴァトアール尚美・音響芸術科入学。在学中にレコーディング技術を学びながらMTRやシーケンサーによる本格的な音楽制作に目覚める。在学中に原宿リトルバッハスタジオ(現在閉鎖)にインターン勤務。(Dream come trueがレコーディング中でした)


同校卒業後、音楽活動(バンド・作編曲)を本格化。音楽プロデューサー久保田さちお氏の目に留まりフジパシフィック音楽出版にてデモレコーディング後、1998年日本コロムビアよりミニアルバム発表するも翌年に解散。

2002年TBSデジ屋台に出演。30歳を境に音楽活動を休止。その後音楽制作と関係のないインテリア業界へ。数社で店舗運営業務を活性化に貢献し、株式会社ミサワunico営業部長に就任。


2014年iZotope社の音声修復技術に感銘を受け、サウンドリフォームビジネスを思いつき独立。無謀と周りに言われながら100本近い無料トライアルを実施しあらゆる音質改善ニーズに確信を得て現在に至る。

 

​17'秋公開映画で整音を担当。

「74歳のペリカンはパンを売る(2017)」

https://orquest.jp/videos/pelican

使用機材等

<SOFT>

​ProTools12

Nuendo 11

WaveLab8

ONONE9/8/7Advanced

RX-8 Advanced

​T-Racks

EDIUS PRO9

<HARD>

Adam S2V

RME ADI PRO2 FS

​UAD2 Octo

Blackmagicdesign VIDEO RECORDER

SONY PCM-D100

MITSUBISHI S-VHS V-3000 

Pioneer D-50