HOME > LIVE音源 >ライブハウスのライン録音

ライブハウスのLINE録音が残念な3つの理由

①会場でので体感音と誤差が半端ない
②臨場感が欠落し全体的にペラペラな音質
③楽器バランスが不自然に崩れている

ライブハウスでLINE録音された音源は当たり前ですが、プロのライブ音源とは明らかに差があります。

その多くは①〜③の印象です。対バン出演ではバンドごとの細かい設定はできず、音質的にも満足できる音源を手に入れられることは稀です。

 

会場との臨場感のちがいから、演奏をチェックしたら「聴きたくない&聴かせたくない」と思うバンドマンは多いでしょう。

 

ライン音源はエア録音の動画より高音質音源にできる可能性が高い

ぶっちゃけ、最近はライブハウス録画のビデオより、客席のiPhoneやGo proのほうが音が良かったりします。

ただ、しっかり三脚などで固定撮影しないと、変なノイズが入ったり、会場の声援や拍手が大きい場合は使い物になりません。

 

ライン録音の違和感はPAを経由せずに聞こえている生音(ドラムやギターアンプなど)の部分の欠落。これらを擬似的に付加することで、圧倒的に音源の価値が向上します。

 

AIR録音と比べて劣化が少なくうまく編集すれば高音質に仕上がります。DAWでOzone等を用いてマスタリングなどができるメンバーががいれば、これらの音源を積極的にエディットしてみることをお勧めします。

 

ビデオ業者やテレビの音楽番組の音声は意外とシンプルなミックス

​音楽番組のテレビ中継って、きちんとミックスしたライブアルバムほどではないにしても、そこそこ演奏が聞きやすいですよね?カラオケを使ったりすることも多いですが、ライブ感もあり綺麗に聞こえます。

これはライン音声+エア音声をいいバランスで混ぜているだけのシンプルなミックス手法が用いられています。演奏自体をライン出力でクッキリと出しておき、会場の響きを加えるというものです。響きが良い収録スタジオやホールではナチュラルリヴァーブが加わりますのでライン音声に対して5〜15%くらいでエア音声を混ぜるだけで、いい感じになります。

アマチュアが利用する狭いライブハウスでも、天井からのエアマイクを混ぜてミックスしていることがほとんど。しかし、狭い場所ではいい会場の響きが収録できません。音楽ホールの天吊りマイクみたいな質感が得られる場所はあまり存在しません。

狭いライブハウスはライン音声に小さな会場をシミュレートしたリヴァーブを混ぜてマスタリングすると雰囲気が出ます

ハイブリッド・サウンド・リフォームはそんなミュージシャンをサポートします。専門サービスならではの細かな技術蓄積がございます。

 

「コンプをかけてドンシャリにすればいいんでしょ?」と、いう単純なものではございません。様々な状態から音質改善する職人技をご体感ください。「効果を感じなければ料金が発生しないシステム」は自信の裏返し。様々な状態の音源が存在し、改善できないケースあるからこそ安心して利用できるサービスとなっています。

プロ仕様のライブレコーディングができるアマチュアバンドってめったに存在しません

バンドの魅力が伝えられるのはライブ。良いライブテイクをCD販売したり、配信したりできると可能性も広がります。演奏を楽しむコピーバンドはレコーディング機会もなく、ビデオの音源がすべてというバンドも多いのではないでしょうか?そんなバンドやミュージシャンは、微妙な音質に我慢する必要はありません。せっかくならプレイヤー自身も「聴いて楽しめる、気持ちいい」音源を作成してみませんか?

 

耳障りなハウリングを除去したり、2ミックスライン音源の楽器バランスを変更したりと、音声編集技術は日進月歩で進化しています。

数年にわたってご利用いただくリピーターも多数いらっしゃる満足度の高いサービス。ぜひ、無料トライアルにお申込みください。

 

動画にまぎれた環境音バイクや車のエンジン音を軽減させたいなら

音声から消したい、エンジン音や街宣車のアナウンスはもちろん、風による吹かれ、マイクと服のこすれ、物音、音量オーバーによるクリップノイズ、機材トラブルや電波障害によるノイズ除去など幅広く対応いたします。

スクーター

ライブ音源のハウリングも綺麗に除去

ライブ音源に混入したハウリングを除去。ライブアルバムをリリースをお手伝い。

ステージ上のマイク

フジロックの収録トラブルもリカヴァリー?

オフでフジロックに参加していたら、現地で映像収録している業者からご相談が...。

ライブ

バンド演奏に混入した携帯電話の電波ノイズを取り除く(改善サンプル付き)

演奏をリニアPCMレコーダーで録音した際、iPhoneが近くにあると録音データに結構酷いノイズが乗ってしまうという事例があるようです。いわゆるマイクが拾った客席の環境音のノイズではなく、音声データ自体を破壊するような非常に強いノイズです。

録音した演奏をバッチリ妨げる不快なノイズの軽減作業を行いました。

わからないことはLINEで相談

関連タグ:

先端の音質改善をどなたにでも.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。20年前では魔法だった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon
  • Pinterest Social Icon

© 2025 by  hybridsounreform.com.