>HOME>動画整音サービス>セミナー動画の音声ノイズ対処法

セミナー動画の音声ノイズ対処法

その動画の「音」は大丈夫ですか?

動画は既にビジネスにとって欠かせないマーケティングツール。YouTubeでは専門家のノウハウ動画やセミナーも多く見かけます。スマートフォンで簡単に撮影できる反面、残念ながら音声ノイズが多く、音のクオリティに乏しい動画も少なくありません。​ここでは「自宅収録」と「講演会場」で行うノイズ対策についての基礎知識を紹介します。

✅もくじ

SoundRefomer

T.YAMAKAWA

「音楽・音声」のリフォームサービスを手掛けてます。音楽クリエイター→サラリーマンを経て独立しサービスを開始。日々、音でお悩みの様々なクライアントからお仕事を受注する傍ら、音楽ステージ系の映像編集も手掛けています。

音声品質も意識しないと他と比べてチープ?

ご自身の動画をヘッドフォンで聴いたことがありますか。もしないとしたら、すぐに試してみてください。聴いてみて違和感がなければOKです。

 

 「サー(シュー)」といった空調は大丈夫ですか?

 「ガサガサ」と資料をめくる音は許容範囲ですか?

 「部屋の反響」で声は聞きにくくありませんか?

 「そもそものボリューム」は小さくありませんか?

 

ひと昔前のYouTubeコンテンツとちがい、芸能人チャンネルも増加する昨今、音声品質の全体レベルは全体的に向上しています。対策してない動画は視聴者に「低グレード」のイメージが無意識に残ります。比較的高性能のiPhone撮影の動画でもしゃべる内容が肝の動画を配信される方は外付けマイクが必須。

(参考動画)莫大な再生回数を誇るビジネス系YouTuberのマナブさんが最低限の音声についても解説

上記動画でiPhoneXに繋げている外付けマイク➡

 

収録時に欠かせない音のモニター

プロのカメラマンはヘッドフォンを常時装着です。セミナー動画を収録するときに試し録画はしていますか?その時、収録中の音声をチェックせずに録画していませんか。

 

動画や写真は必ず写った画面を確認し、構図を定めて録画しますよね?特に素人の動画撮影は音声の確認をせずに録画してしまう方が大半。マイクの位置をちょっと変えるだけで声の聞こえ方が良くなったり、無駄な部屋の響きを押さえられたります。

スマートフォンやビデオカメラには必ずヘッドフォン接続ジャックがあります。お手持ちのイヤフォンで収録時に必ず「音」のモニターをしましょう。録音されている音をきちんと確認するだけでクオリティ改善ができます。

セルフィーで録画する人も試し撮りして、「どんな音」で録音できているかを確認しましょう。その際、ビデオカメラやスマートフォンに内蔵されているスピーカーでは細かな聞き分けができません

外部マイク接続時のポイント

 

外部マイクを使用すると一気に品質がアップします。機種やメーカーによって音声機能は様々ですが、音声レベルの調整はとても大切です。①の音のモニターをしながら、レベルメーターが振り切らない設定が必須です。(iPhoneカメラの動画はリミッターが自動で適用されています)

音声機能にローカットフィルターがある場合は迷わず入れてみましょう。低音部には足音やプロジェクターのファンなどのノイズが多く、入れることで無駄なノイズが入りづらくそれだけでもスッキリとした音になる場合が多いので効果が分からなくてとりあえずオンにしておくことがおすすめです。

講演会場で映像業者が行う収録方法

 

プロの映像制作会社がセミナーや講演会の収録する時は、カメラ3台(有人×2,固定×1)が定番セッティング。音声収録は演者が話すマイクから※ミキサーを経由し、必ずライン録音を行います。

※ミキサーは他のマイクやBGMを会場スピーカーに鳴らすためとカメラやレコーダーに音声データを分岐する役割

客席がある場合、カメラマンは客席の最後列での撮影になるため、カメラに接続したマイクの音声では客席の物音や話し声をすべて拾ってしまします。そのため、演者が使っているマイクの音声データだけをカメラと別に直接録音するのです。(セッティングによってはカメラ本体に録音することもできます)

会場用のマイクと演者が話すライン音声を混ぜて、それぞれミックスされ聴きやすい音声になるよう音作りされています。テレビの記者会見なども基本的には同じような方式。複雑な編集が必要のないセミナー動画でも講演内容に価値を感じさせたいなら、これらの音声編集は必須です。

プロが使用するノイズ除去専用アプリ
 

さらにクオリティーが求められる現場では専用のノイズ処理アプリケーションも使用されます。ノイズ除去で最も有名かつ優秀なのはiZotope社のRX。

​単なるノイズ処理に留まらず、残響成分の軽減や音割れ修復なども可能。

スマートフォン一台で撮影されている動画とプロ映像との音声グレードはこのような様々な要素の積み上げにより差がでています。制作コストや編集時間をどれくらいかけるかによって選択肢は色々あります。

セミナーの動画編集・音質改善なら、HybridSoundReform.comへご相談ください。HybridSoundReform.comは劇場公開映画の整音やノイズ除去を手掛ける音質改善サービス。セッティングミスで音割れしたセミナー、トラブルの改善や不意に混入してしまったエンジン音や子供の声なども軽減など、ハイレベルな音声修復を提供しております。​また商用の動画編集なども年間50本前後手掛けておりますお気軽にご相談ください。

 

先端の音質改善をどなたにでも.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。20年前では魔法だった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon
  • Pinterest Social Icon

© 2020 by  hybridsounreform.com.