>HOME > LIVE音源 > ライブハウス録音した演奏がチープに感じてしまう音質とは

ライブハウス録音した演奏がチープに感じてしまう「音質」とは

プロのLIVEコンテンツとライブハウス収録の差は誰が聴いても明らか。録音品質が違いすぎますよね。楽器ごとのマルチ録音がなされ、緻密なミックスやマスタリングが行われているプロのライブ音源とライブハウスがサービスでしてくれる、簡易的なCDやビデオ音源やスマホで撮影した動画データとは誰もが分かる雲泥のクオリティ差です。

アマチュア・バンドのLIVE音源は気持ちよく聴けない

スマホやハンディカムの場合

ビデオカメラ付属のマイクによるエアー録音。客席の環境に近いから音楽バランスは聴いたままですが、プロのLIVEコンテンツと比較対象にもならないクオリティ。音楽用に特化したカメラは高音圧で収録できますが、余計なノイズを拾ってしまったりするのが難点。音像がぼやけて歌が聴こえにくい場合がほとんど。

例えば文化祭のビデオとか

ライブハウスで収録してもらった場合

PAミキサーからのライン録音。客席で聞こえている音にはギターアンプや生ドラムの「直接聞こえる音」も加わっているのでその分をマイナスした録音となっています。おおよそが微妙な楽器バランスになってしまいがち。

ライブハウスのミキサーもデジタル化が進み、会場で出している音と別のバランスで出録した音声をエア録音と混ぜているビデオが大半。​かなりおおざっぱですがリミッティングもあり、高い音圧での録音も可能ですが音割れする場合もあります。

ボーカルトラックのミックスクオリティを劇的に向上させる
ボーカル除去なんてできるの?
音割れ改善の難易度
MTR録音を1グレード上げる方法
詳細を入力してください
もっと見る

ライン録音(少しエアもMixされてます)

テレビ出演のバンド演奏はどうしてそこそこ音がいいのか?

バンドでもカラオケを使っている場合は別として、テレビの音楽番組に出演するバンド演奏はなぜそこそこ聞ける音質なのでしょう。

テレビ放送ではその場でPAが組まれ、その場にいる人がバランスのいい音質で聞けるセッティングがなされています。PAから出た全体的に混ざった音をエア録音したものと、楽器ごとの直ライン音声をミックスしているからです。

①PAから出たライブバランスのエア音声を高性能なコンデンサーマイクでステレオ収録
②楽器ごとのライン音声

​直接音が聴こえないミキサーの調整室でこれらの音源を楽曲に適したバランスを取ればテレビ番組クラスの音源収録は難しくありません。狭くて設備が整っておらず、収録を前提にしていないアマチュア向けのライブハウスはどうしても優先順位が落ちてしまう現実があるようです。

プロのバンドはラインをパラアウトしなくてもバランスが取れている場合がほとんどです。

貴重な音源を活かせる方法を提案しています

アマチュアバンドは学生時代のコピーバンドだったり、本格的に音源リリースするようなバンドにならない限り本格的なレコーディングをする機会に恵まれません。

活動期間が短かったりすると、一度のライブの価値がとても高い。こういった中にもプロ顔負けのすごい演奏をするバンドや、まぐれ的に奇跡のパフォーマンスをしてしまう瞬間。そんな価値ある瞬間を何とか気持ちいい音源にできないかと始めたサービスがハイブリッド・サウンドリフォームです。(私もバンドマンでした)

劣悪な音声を日々改善する編集ノウハウ

強力ノイズ処理

自在な音像処理

オーディオ修復

高音圧ビートメイク

この数年のプラグインの進化は目覚ましく、これまで難しかった音声編集の課題を次々と克服しています。

 

強力ノイズ処理

音声に混入したハム、ヒスノイズなどを録音されたオーディオから強力に除去できます。強烈使用しすぎると楽器の音色に影響があります。アコースティック系のソロ楽器には使用を控えることも。

 

オーディオ修復

プチっというクリッピングノイズをはじめ、軽度な音割れやオーディオエラーを取り除くことができます。瞬間的な音であればハウリングやマイクの「吹かれ」、客席の声などの特定音も軽減させることができます。

 

自在な音像処理

聞かせたい楽器や出すぎた楽器の調整も結構できます。EQやマルチバンドコンプによる各帯域ごとの強力なカット&ブースト。楽器定位に応じてのセンター&サイド音像を別々にエディット。

 

高音圧ビートメイク

マキシマイザーは誰もが簡単に高い音圧が得られるプラグインですが、ベースやドラムの処理精度で最終的に得られる効果がまったくちがいます。

プリセットのみでセッティングするのと、緻密なEQコントロールを施したものでは仕上がりは雲泥の差がでます。

AI解析によるリバランス処理も進化

マスタリングやオーディオレストレーションではおなじみのiZotope社のOzone/RXの最新版ではミックス済みの音源から楽器バランスを変化させられるプラグインが搭載されています。

楽曲特性やデータ解像度により効果はマチマチですが、いずれも当サービスでは使い倒しています。RXでのリバランスでボーカルカットのカラオケ音源作成サービスなんかもはじめちゃいました。

ドラム・ベース・ボーカルのバランスが調整できるプラグイン

最終マスタリング時でも楽器バランスの調整が可能

改善不可能のリスクと常に向き合います

ハイブリッド・サウンド・リフォームのすべてプランは効果を事前に試してから料金が発生するトライアル・オーダー・システム。客席ノイズだらけ音声などは、ギブアップケースもありますが抜本改善できる場合もございます。お気軽にご相談ください。

 

演奏する頻度が少ないステージの価値は本来高いもの。誰かにとって貴重な露録音物を楽しんでみませんか。

ライブハウス収録音源をから配信クオリティのハイブリッドライブ音源を作成します

音質が気になライブ音源動画音源もハイブリッド・サウンド・リフォームのサウンドリフォームで高音質に!ノイズ除去したクリアなサウンドであなただけの特別な音源を楽しんでみませんか?

先端の音質改善をどなたにでも.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。20年前では魔法だった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon
  • Pinterest Social Icon

© 2020 by  hybridsounreform.com.