>HOME> YouTube > ムービーの音質は完成度を左右させる重要ポイント

動画の音質は完成度を左右する重要ポイント

音が悪いと気になる動画投稿

世界的にテレビの影響力が落ち、YouTube上の動画再生時間が飛躍的に伸びています。スマートフォンの録画機能の向上により自ら動画掲載する友人も珍しくありません。

YouTubeはプロの動画コンテンツ(ミュージッククリップやアニメーション、TV番組やCMなど)と素人のスマホ動画が並列に扱われています。音楽を聴きたいとき、気になった曲を検索したものの、本物が見つけられず、素人のカラオケ動画を見て邪魔と感じたことはありますよね。

スマホなどで撮影した動画は固定された1アングルの映像なので、すぐに一般人が投稿したものと判断ができる。そのため、プレビュー時点でその品質を予測できる。でも、音声の場合は再生してみないと判断できないため、想像より音が悪いと映像に比べて不快と感じるレベルが高いといえるでしょう。

ヘッドフォン利用者の数を侮ってはいけない

家電量販店のヘッドフォン(イヤフォン)コーナーは拡大され、かつてとは考えられないくらい豊富な品ぞろえがあり、ニーズを証明しています。Airpodなどの普及も拡大しており、散歩中にAudiobookを聴くのも一般的になりつつあります。

ヘッドフォンは細かな部分まで音がよく聞こえることから、これまで以上にユーザーの音質への関心は高まっています。

動画投稿する人は音質対策が必須

iPhoneの動画・音声収録でも静かな場所である程度の音量で収録できれば充分なクオリティが得られます。しかし、屋外や雑音の多い場所だと余計な音をたくさん拾ってしまい、不快に感じるケースも増えています。

セミナーや講演会など多くの人間が集まる場所は口元に近い位置での収録が必須でしょう。また、自宅でのリモート収録の場合でもエアコンや生活音が入り「微妙な音」になる場合もあります。

 多くの人に見てもらいたい、または見てもらう必要のある動画は必ず最低限の音質対策を実施しましょう。

最新のノイズ除去技術って凄いんですよ

 あまり一般の人が知る機会がない技術ですが、映画制作やテレビ収録の現場においてはノイズ除去においても先端のオーディオリペアツール(音声修復の専門ソフトウェア)が通常利用されています。比較動画があるので、試聴してみてください。

 こんなオーディオリペアができます。

目に見えないから無意識のうちに五感に訴える「音」

動画コンテンツで収益も得られる仕組みを有効活用させるには、動画の再生回数や視聴時間を向上させる対策は必須です。もちろんその内容が一番ですが、ライバルが多い動画においては僅かなこだわりが長期にわたる差を生み出すもの。音は無意識のうちにクオリティを判断されてしまう、重要なポイントということを忘れずに収録しましょう。

 

入念な準備の上、動画を収録するのがベストですが、誰もがその状況下にあるわけではありません。事後改善が難しい音声は専門サービスにお願いするのも選択のひとつです。

 

音質改善なら、HybridSoundReform.comへご相談ください。HybridSoundReform.comは先端のノイズ除去とマスタリングを組み合わせた独自の国内初のサウンド・リフォーム(音質改善サービス)。音割れしたセミナーYouTube動画音質改善など、様々な音質改善をお手伝いしております。商用、私用に関わらず何でもご相談ください。