top of page
  • 執筆者の写真Sound Reformer / yamakaWA

音割れ(歪み)した音声データの修復はどこまで可能なのか?

更新日:5 日前

音割れ(歪み)した音声データの修復はどこまで可能なのか?

 音声データの音質改善・修復サービスを運営しているサウンドリフォーマー@山川です。

音割れは、録音または音声再生時に音量が高すぎて音声信号が歪む現象で、特に動画制作においては避けたい問題の一つです。この記事では、現代の技術を用いて動画データの音割れをどの程度修復できるかについて解説します。初心者クリエイターにも理解しやすいように、音割れの基礎知識から修復技術までをスマートに紹介します。


音割れノイズ

音割れの原因

音割れは通常、入力レベルが高すぎる、または録音機器の限界を超える音量で録音された場合に発生します。これは、マイクロフォン、オーディオインターフェイス、または録音ソフトウェアの設定が不適切であることが原因であることが多いです。マイクから音声データまでに経由する機材やソフトにどこかしら問題があった場合にも発生します。


修復可能性



現代のオーディオ修復技術では、音割れを含む多くのオーディオ問題をかなりの程度まで修復することが可能です。特に、iZotope RXAdobe Auditionなどのソフトウェアは、音割れやクリッピングされたオーディオの修復に特化したツールを提供しています​​​​​​​​。だだし、これは映像関係者やミュージシャンなど、初めから高品質を目指して収録された場合に限ります。mp3など一般人がスマートフォンで収録するような録音解像度に乏しい圧縮データの場合、充分な改善ができないことが多いのも現実です。


映像制作や音楽制作のプロフェッショナルな現場での修復技術

De-clip: 音割れの修復に最も一般的に使用されるツールで、クリッピングされたオーディオのピークを修正して元の形に近づけます​​。




Spectral Repair: 音声の特定の部分のみを選択的に修復し、音割れが発生している領域をピンポイントでくり抜くように消し込んでしまうこともできます。これは持続的な音ではなく、1S以内の短いものの場合有効です。




Noise Reduction: ノイズリダクションツールを使用して、音割れの原因となる背景ノイズを除去します​​。



実践的なアドバイス

レベル調整: 録音時には、入力レベルが適切であることを確認し、クリッピングを避けるために必要に応じて調整します。


適切な機材の使用: 録音機材を正しく設定し、品質の良いマイクロフォンやオーディオインターフェイスを使用することで、初めから音割れを防ぐことができます。近年では録音時に32bitフロート録音に対応した、音量レベルにとらわれずに音割れを防止できる録音機も登場しています。


修復ソフトウェアの活用: iZotope RXやAdobe Auditionなどのプロフェッショナル向けオーディオ修復ソフトウェアを活用して、問題が発生した場合に備えます​​​​​​。日常的にコンテンツ制作する活動や仕事をしている人は、簡易版でも覚えておいて損はありません。



納期まで今すぐに対応が必要&修復を頼める人がいない?

私が運営するHybridsoundreform.comではプロアマ問わず、様々な音声の修復・改善を手掛けています。劇場公開映画から音楽作品、裁判に使用するボイスレコーダーのノイズ除去まで音声データのお悩みを解決しております。お気軽にお問合せください。





ความคิดเห็น


bottom of page