top of page
  • 執筆者の写真Sound Reformer / yamakaWA

自宅でのギター弾き語り動画をサブスク配信用に高音質変換

音質改善サービスを運営しているサウンドリフォーマーの山川@hsr_YBです。YouTubeに投稿した自宅での弾き語り。ビデオカメラのマイクで一発録りしたものを音楽のサブスクリプションサービス(Apple Music ,Spotify etc...)に配信できるクオリティに変換できないかというご相談を受け、ソロで活動するシンガー和田有理さんの音源制作をお手伝いしました。


ギターやピアノが弾けるシンガーなら、カジュアルに配信できることから、一発録画(録音)の演奏パフォーマンスをSNS投稿する方は多く見かけます。マルチトラックレコーディング(楽器と歌を別々に録音)してしっかりミックスしてから発表される方もいますが、リアルな生々しさを伝えるなら作り込んでいない方が説得力が強い場合も少なくありません。


アーティスト活動に必須のオフィシャル音源

ひと昔前なら自らの楽曲を流通させるためにCD制作→手売りするインディーズアーティストが主流でしたが、今やサブスクの時代。サブスクリプションサービスに音源投稿できれば世の中の著名アーティストと同じプラットフォームにのせ、全世界デビューができます。音楽好きな方ほど使用頻度も高まっているので、自信の楽曲をプレイリストに加えてもらうのは今やアーティストにとって必須です。


宅録音源でもバッチリ綺麗にブラッシュアップ

上記動画は今回依頼いただいた曲の元パフォーマンスの一つ。スマートフォンで観るぶんには問題ないクオリティですが、いいヘッドフォンやステレオセットで聞いてしまうと、細かな雑音や音圧感がどうしても流通しているプロアーティストの音源と差が出てしまいます。


上記動画の音源を共有いただき、当方がノイズ除去やマスタリング作業をお手伝いしたハイブリッド音源が各種サブスクリプションサービスで配信中。ぜひご試聴ください。





もちろん、きちんとしたスタジオレコーディングや高額なマイクやアウトボードを利用して録音・ミックスマスタリングされた音源とは元素材のクオリティが異なりますが、そこまでのコストと手間をかけずに配信デビューするのも今の時代ならではの方法です。


ハイブリッド・サウンドリフォームでは宅録やリハスタ録音の音源、ライブ音源などを有効活用するハイブリッド音源制作はもちろん、DTM作品のミックスマスタリングまでハイクオリティな音楽作品を目指す多くのアーティストをお手伝いしています。お気軽にご相談ください。

Comments


bottom of page