HOME > YouTube人を惹きつける動画について

人を惹きつける動画について

現在では、ニコニコ動画やYouTubeなどの動画サイトに、演奏動画を投稿するアマチュアバンドが増えています。動画を投稿する以上は「多くの方に閲覧してもらいたい」と考えるものですが、そもそも人を惹きつける動画とはどのような動画なのでしょうか。ここでは、「バンド演奏」や「ライブ映像」に焦点を絞り、人を惹きつける映像とは何か?について考えてみたいと思います。

 

クリアな動画音源

動画は「音」と「映像」を楽しむコンテンツです。そのため、画質だけでなく動画音源の音質も求められます。特に、ライブ映像やバンド演奏においては、クリアで高音質な動画音源こそが、人を惹きつける重要なファクターです。今では録画サービスを行っているライブハウスが増えたこともあり、自分のバンドの演奏動画が手軽に手に入りますが、アマチュア・ミュージシャンを悩ませるのが「チープな音質」です。動画音源をクリアにするためにはノイズ除去といった対処法が必要ですが、このような処置を施すためには専用機材を用意しなければならないため、まだまだ難しいのが現状です。

 

ライブ特有の臨場感

数あるアマチュア・アーティストが、動画サイトを「バンドの宣伝の場」として活用しています。主に投稿する動画はライブ映像ですが、ライブ映像の一番の魅力は「臨場感」です。ライブ特有の臨場感を表現するためには映像の撮り方も大切ですが、音源によって臨場感を表現することも可能です。例えば、パートごとの音の距離感を調整し、ライブハウス特有の空間を演出できれば、それだけでもライブさながらの臨場感を表現することができます。​ 

カッコイイ動画プロモのテンプレはここがピカイチ

適度な長さの動画

動画を再生してもらったはいいものの、途中で飽きて閉じられてしまっては意味がありません。それを防ぐために、動画音源を工夫して「聴かせるサウンド」を作り上げるわけですが、動画の時間が長すぎると閲覧者によっては飽きてしまうことがあります。飽きを感じさせないためには、動画の再生時間をコンパクトにするのも手段のひとつです。例えば、ライブハウスでのライブでは、それぞれのバンドに持ち時間が与えられますが、持ち時間全てを動画ひとつにまとめるのではなく、曲ごとに分割することで、コンパクトにまとめることができます。これはあくまで一例に過ぎませんが、閲覧者のことを考慮して編集することは、人を惹きつける動画に近づく一歩といえます。

 

動画音源をクリアで高音質なサウンドにしたい。そんな方は、ぜひHybridSoundReform.comが提供するサウンド・リフォームをご利用ください。サウンド・リフォームでは、丁寧なノイズ除去はもちろん、サウンド全体をリフォームし、「ぐっと聴かせる音」に仕上げます。サイト内には、サウンド・リフォームにより蘇った音源の見本をご用意しておりますので、まずはご自身の耳で高音質且つ高クオリティなサウンドを体感してください。サービス内容や料金・プランに関する疑問等がございましたら、お気軽にご相談ください。

 

この世から色あせたSoundを撲滅させたい.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。少し前ではマジックそのものだった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

© 2020 by  hybridsounreform.com.