HOME > LIVE音源 >ライブハウスのライン録音

ライブハウスのLINE録音が残念な3つの理由

①会場での出音と誤差がありすぎる
②肉感が欠落し全体的にペラペラな音質
③楽器バランスが不自然に崩れている

 ライブハウスでLINE録音された音源の多くが①〜③の印象だと思いませんか?対バンでの出演ではバンドごとの細かい設定ができず、満足いく音源を手に入れることができません。

 

メンバーは会場との臨場感のちがいに落胆し、自分の演奏をチェックしたら「聴きたくない&聴かせたくない」と音意識の高いミュージシャンほど封印する傾向です。

 

でもAIR録音のビデオ動画より高音質音源に生まれ変わります

音質のいい音楽専用のビデオカメラが普及したことから、バンドのビデオ動画をYouTubeでよく見かけます。他界音圧も入るしぱっと聞く分には悪くはないのですが、微妙な音です。

 

会場のノイズや歌の聴こえ方も不安定。ライン録音の違和感はPAを経由せずに聞こえている生音(ドラムやギターアンプなど)の部分の欠落。これらを擬似的に付加することで、圧倒的に音源の価値が向上します。

 

当然とも言えますがAIR録音と比べて「残念なノイズ」が入ることが少なく高音質に仕上がります。DAWでマルチバンドコンプなどを流暢ににつかいこなせるメンバーがいれば、これらの音源を積極的にエディットしてみることをお勧めします。

 

ビデオ業者の収録やテレビの音楽番組などの音声は意外とシンプルなミックスです

​音楽番組のテレビ中継って、きちんとミックスしたライブアルバムほどではないにしても、そこそこ演奏が聞きやすいですよね?カラオケを使ってたりすることも多いですが、そこそこライブ感もあり綺麗に聞こえます。

これはライン音声+エア音声をいいバランスで混ぜているだけの場合が多いです。音楽自体をラインでクッキリと出しておき、会場の響きを加えるというものです。響きが良いホール収録などはナチュラルリヴァーブが加わりますのでライン音声に対して5〜15%くらいでエア音声を混ぜるだけで、とってもいい感じになります。

アマチュアが利用する狭いライブハウスは至近距離のお客さんも近く、ハコ自体の響きがいい感じで収録できるロケーションはなかなかないかもしれません。そこそこ広かったり天井が高いとかなり違うと思います。

狭いライブハウスはライン音声に小さな会場をシミュレートしたリヴァーブを混ぜてマスタリングすると雰囲気が出ます

 レコーディングやマスタリングに詳しいメンバーがすべてのバンドにいるとは限りません。ハイブリッド・サウンド・リフォームはそんなミュージシャンをサポートします。専門サービスならではの細かな技術蓄積がございます。

 

「コンプをかけてドンシャリにすればいいんでしょ?」と、いう単純なものではございません。様々な状態から音質改善する職人技をご体感ください。「効果を感じなければ料金が発生しないシステム」は自信の裏返し。様々な状態の音源が存在し、改善できないケースあるからこそ安心して利用できるサービスとなっています。

プロ仕様のライブレコーディングができるアマチュアバンドってめったに存在しません

バンドの魅力を余すことなく伝えられるのはライブです。良いライブテイクを販売したり、配信したりできたら可能性も広がります。演奏を楽しむコピーバンドなどはレコーディング必要性もなく、ビデオ収録された音源がすべてというバンドも多いのでは?そんなバンドやミュージシャンは、微妙な音質のビデオ音源がお似合いなのでしょうか?せっかくならプレイヤー自身も「聴いて楽しめる、気持ちいい」音源を作成してみませんか?Blu-ray,DVD,CDやネット配信用動画作成まで、ニーズに応じたプランが満載です。

 

スクーター

音声から消したい、エンジン音や街宣車のアナウンスはもちろん、風による吹かれ、マイクと服のこすれ、物音、音量オーバーによるクリップノイズ、機材トラブルや電波障害によるノイズ除去など幅広く対応いたします。

動画にまぎれた環境音バイクや車のエンジン音を軽減させたいなら

ステージ上のマイク

ライブ音源に混入したハウリングを除去。ライブアルバムをリリースをお手伝い。

ライブ音源のハウリングも綺麗に除去

ライブ

オフでフジロックに参加していたら、現地で映像収録している業者からご相談が...。

フジロックの収録トラブルもリカヴァリー?

演奏をリニアPCMレコーダーで録音した際、iPhoneが近くにあると録音データに結構酷いノイズが乗ってしまうという事例があるようです。いわゆるマイクが拾った客席の環境音のノイズではなく、音声データ自体を破壊するような非常に強いノイズです。

録音した演奏をバッチリ妨げる不快なノイズの軽減作業を行いました。

バンド演奏に混入した携帯電話の電波ノイズを取り除く(改善サンプル付き)

この世から色あせたSoundを撲滅させたい.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。少し前ではマジックそのものだった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

© 2020 by  hybridsounreform.com.