>HOME> LIVE音源 > コピバンが音質までコピーしちゃうと最強かも

コピバンが音質までコピーしちゃうと最強かも...

コピーバンドにハマるきっかけ

 「バンドやってる」っていう人は知り合いに必ず何人かいますよね。ギターやってたとか持ってるとかいうとその潜在人口は結構な数。その殆どがバンドスコアやコードブックで憧れのアーティストのコピーからスタートする。上手くなって欲が出てオリジナルが作れるようになる人、なかなか上手くならずに購入した楽器がお蔵入りする(笑)人も結構いる。

 

長くコピーバンドを続ける上手なバンドも数多く存在しています。安定的に活動していればライブハウスやイベントなどで本格的なステージに立つこともでき、オリジナル曲がなくてもミュージシャンとしてリアルな体験となり、その心地よさにハマるものだ。

 ギターやベースだとその出音を再現するための楽器やエフェクターをチョイス、セッティングする楽しみもある。キーボードに至っては、プロも使用した音色プリセットをそのまま使える場合もあり、バンド全体でいい感じに再現できた時は独特の高揚感がある。

このようなコピーバンドの動画は無数にUPされているけど、、演奏は良くても素人と判断されてしまう音質は残念だ。多くの再生回数がある人気のコピバン。

自身が演じるステージを体験できないジレンマ

ステージでパフォーマンスする俳優やミュージシャンは「自身が出演したステージ」を「客席で観覧できない」とジレンマが存在する。i-Phoneでもハイビジョン動画が撮影でき、自身のステージを映像で見ることは手軽だけど、定点カメラってとても退屈ですよね。その理由は、場面に応じてそれぞれが見ている場所が違うということ。テレビのように色んなアングルから編集された映像のほうが自然に感じるなんて不思議ですね。

バンドの場合は更に違和感が増長してしまう

プロのライブ映像作品はテレビなどで普通に楽しめる。さらにシアターバーやオーディオセットを増設していればかなり臨場感あるライブを自宅でも楽しむことができる。でも、アマチュアバンドがYouTubeに投稿しているライブのほとんどはプロのレベルから大きくかけ離れていて、内輪以外の人間が興味を示すことはほとんどゼロだ。あなたもそんな「さむ〜い」映像は検索結果に表れても邪魔に思うはず。

音圧や出音がカッコよさに直結するバンドサウンド

自身の歌や演奏を動画投稿する人が多い、中にはそれがきっかけでチャンスを得るシンガーなどもいる。あらゆるレベルの音楽がアップされているが、これらはなぜ「さむ〜い」と感じにくいのだろうか。映像のギャップもあるかもしれない、自宅で自撮り演奏している動画にはそれなりの音を予測できるけど、バンドのステージ映像からはもちろん迫力ある音を想像する

出音に依存しない歌モノというのも特徴だが、YouTubeはスマホやPCで再生され、そのほとんどの人は簡易的なスピーカーでラジオを聞くような音質で音楽を聞くからだ。ヘッドフォンで聴くと不快な音源が多いのも事実。アマチュアのバンドがネットで拡散することはほとんどない。出音も含めてカッコイイ音源や映像を持っていないのがそもそもの要因とも言える。

ニコニコ動画発のボカロ作品のクオリティは

ボカロ作品はすでに定番的なジャンルにもなったが、DTMクリエイターが中心となってブームを牽引したため、アップされている音源のクオリティは高い。楽曲の良し悪しはともかく音質においてはミックス・マスタリングまでこだわったプロと遜色がない作品も多い。打ち込みだけではなくロック的なサウンドも人気があり、様々な楽曲に積極的に参加するプレイヤーもいるし、プロが覆面的作っている作品も少なくない。ボカロ人気曲をヴォーカリストがカヴァー、mix師と呼ばれるミックス・マスタリングを行うクリエイターが歌い手のピッチ補正までしたりする。これらは外に向けてその音楽を発信したいというモチベーションから内輪だけで自己満足する投稿とは根本的に違う。

ありとあらゆる「歌ってみた」を武器に独自の方法で成功しているGooseHouseの驚異的な再生回数。

ニコニコ内で公開されているボカロ曲をボーカリストが「歌ってみた」としてカヴァー。良質かつクオリティの高い楽曲が並ぶ。

生で聞けば最高なのに残念だと思いませんか?

その場ではいいパフォーマンスをしているのに、それを作品にできないコピーバンドはもったいない。ネット検索で辿り着くのそのオリジナル曲が好きなファン。良い状態で聞いてもらえれば、注目もされるし集客につながることもある。せっかくバンド活動しているのに「自慢できる音楽コンテンツ」がないのは楽しみが半減ですよ。コピーバンドはある意味、世に認められた楽曲を演奏しているのだから、上手くて出音がカッコよかったらある意味最強です。

コピーバンドの音源をより楽しむなら、HybridSoundReform.comへご相談ください。HybridSoundReform.comは先端のノイズ除去マスタリングを組み合わせた独自の国内初のサウンド・リフォーム(音質改善サービス)。ビデオカメラ収録した動画音源や、ライブハウス録音したCDを高音質にしたいなど、何でもご相談ください。

 

アマチュアの録音機材

ハンディカム×ロックバンド

 臨場感を取り戻したい

あなたのもつ秘蔵音源

お蔵入りのVHSやカセットも

せっかくなら秘蔵音源をハイブリッド化

ストリートミュージシャンの音源

歌ってみた&弾いてみた

 もう少し背伸びしたいあなたにも

ライブハウスのライン録音

スカスカの音にあきらめたあなたにも

mastaring for daw

 配信音源のグレードUPに

LANDRでは物足りない?

貴重な演奏のビデオ

ピアノ発表会

貴重な演奏を美しく

ミックスマスタリング

MIX&マスタリング失敗?

せっかくRECしたのに物足りない...

セミナー音声修復

 音楽以外のセミナーなども

 動画コンテンツのノイズ除去など

ピアノ講師の副収入

音楽講師のみなさまへ

 ミュージックソリューションを盛り上げませんか?

この世から色あせたSoundを撲滅させたい.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。少し前ではマジックそのものだった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

© 2020 by  hybridsounreform.com.