>HOME> LIVE音源 > ライブハウスで撮ったDVDをいい音にして楽しむ

ライブハウスで撮ったDVDをいい音にして楽しむ

ライブハウスでは自らの演奏をDVDに録画してくれるサービスは利用していますか?最近はマルチカムでメンバーそれぞれのアップ画像が自動で切り替わったり、音質も昔と比べ相当良くなりました。

しかし、作品としてリリースされているアーティストのライブ作品と違い、やや違和感があるサウンドはリスナーとして聴きこむには厳しいでしょう。

ミキサーやレコーダーの性能がデジタル化され向上しても、簡易的録音された音楽の音質はある一定のレベルを超えるのは難しいもの。作品のレベルまで昇華させるにはマルチレコーディングやレベルの高いミックス作業必須です。

ハイブリッド・ライブアルバムという提案

 ライブハウスのDVDは一発録音のステレオ音源。ミックスなどの仕直しはできません。しかし、その2ミックストラックをDAWにインポートし、マスタリング用のプラグインなどを活用。積極的に音圧などをコントロールすることにより結構楽しめる音源を作ることができます。

音割れ修復できる目安は?
YouTube
YouTube動画ならとても簡単
先端の音声編集を一般開放
これからは音も選択する時代です。
もっと見る

 当サイトでは「ハイブリッド・ヴァーチャル・ライブ音源」を手軽に制作できるサービスを提供しています。わざわざバンドの音源制作する必要がない、趣味で楽しむコピーバンドにも喜ばれております。毎回ライブ終了後に必ずご依頼いただくリピーター様もいます。

 「毎度、下手ですみませんが、そんな演奏を誤魔化せる様にかっこいい音にしてください」

 と、いうリクエストも頂きます(笑)。大好きなロックバンドのコピーナンバーはやはりオリジナルに近い出音だと全然違います。ご自身の演奏を客席で体感することができないバンドマンにとって価値のある体験。毎回、満足頂いています。ぜひ、そんなバンドの皆さんもハイブリッド・サウンドリフォームを試してみませんか?

クリアなライン録りは肉付けできる要素が満載

クリアながら、空気感がなくなり、なんとなく全体的にパンチに欠けたライブハウス収録のDVDを迫力のハイブリッド・ヴァーチャル・ライブ音源へ変換します。ありがちな下記の問題を改善し、とにかく気持ち良いサウンドに仕上げます。

・ドラムやベースの太さが蘇る

・空気感&臨場感を感じさせる音像演出

・ヴォーカルバランスのコントロール

ライブハウスのビデオはYouTubeにアップするのもちょっと迷う方も多いですが、出音が良いと自信を持って配信もできます。

お客様の声&改善事例

とても満足しています。まるで自分たちの演奏の腕が上がった錯覚を起こしてしましました。気分が良かったです。(シンガー)

まず、ノイズが消えていたことに驚きました! それと、ボディーにぶつかる「コツン」音も、気になっている所でした。 こんな処理ができることに驚いております。

(歌ってみたシンガー)

 

この世から色あせたSoundを撲滅させたい.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。少し前ではマジックそのものだった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

© 2020 by  hybridsounreform.com.