>HOME>マスタリング>MTR録音したマスター音源をワングレードアップさせるための選択

宅録の音質を左右する重要ポイントとは

 カセットMTR時代から始まった宅録。安物の機材でどうしたらプロの音になるか?を研究し続けたクリエイター達が掲げる重要ポイントは結局のところ重なる部分が多い。

 自宅で情熱的に音楽を紡ぐ作業を繰り返したクリエイターはSSLとProToolsを中心としたプロスタジオでレコーディングしてもデモテープを超えられないというジレンマを持つことは多い。筆者も初めてスタジオレコーディングしたとき、音質の良さを認めながらも完成イメージとの誤差に驚いたものです。

 最終的に出来上がる作品のサウンド・クオリティは良くも悪くもレコーディング時に決まります。楽器本来の音を忠実に再現するには適正な入力レベルでの録音が必須。デジタルレコーダーであるMTRやDAWだと、ピークを越えるとデジタルノイズが混入してしまう。逆に小さすぎると楽器本来の音で録音できなかったり、ミックス時にバックグラウンド・ノイズに悩まされることになります。

レコーディングに慣れてくると、入力レベル設定がアバウトになりがちなので、普段からレベルメーターなどを見ながら無意識に適正レベルを保つような癖をつけておきましょう。

マイク録音におけるトライ&エラー

​ 歌やアコースティックギターなどのマイクを使った録音は高度な技術や経験が必要になるため、自分が良いと感じる音になるまで根気よくマイク選びやセッティングを行わなければなりません。ダイナミックマイクとコンデンサーマイクはそれぞれ特徴が異なります。あらかじめ色んな楽器や、物音などを録音して体験的に覚えておきましょう。

​どんなマイクにはどんな楽器(声)が合うのかも経験に応じてわかってきます。マイクセッティングに関しても同様です。耳に聴こえるボーカルやギターの音がそのままマイクで収録できるわけではないので、マイクを置く場所や位置は細かくトライ&エラーでポイントを探す癖をつけましょう。

特に生楽器からではなく、デジタル楽器で音楽制作を始めたユーザーはEQやエフェクトありきで作業をしてしまいがちです。生楽器はその素材を活かしきるため、録音時の音色を限りなくベストにしておくことで最終的な差が出ます。

モニタースピーカーとヘッドフォンの導入

 モニターは良いものであるに越したことはありませんが、重要なのはその特性を自分で知り尽くしていることです。自分がよく聞くリファレンスCDを自宅、友人宅、車、ヘッドフォン、iPhoneなどで聴き比べ、自分が使っているスピーカーの傾向をあらかじめ知っておくと、ミックスダウンや音作りに役立ちます。

 ヘッドフォンはマイク録音などには必ず必要になります。スピーカーから流れる音楽に合わせてボーカルをレコーディングしたら、スピーカーからの出音も混ざって録音されてしまいますので完成度に大きく左右してしまいます。

 また、夜間の宅録にも欠かさないアイテムと言えるでしょう。

MTR作品のマスタリングなら、HybridSoundReform.comへご相談ください。HybridSoundReform.comは先端のノイズ除去とマスタリングを組み合わせた独自の国内初のサウンド・リフォーム(音質改善サービス)。自宅録音に混入しやすいハム・ノイズなどをきれいに取り除きます。自動マスタリングでは得られない丁寧なマスタリングを提供します。無料のトライアルオーダーシステム有り。

アマチュアの録音機材

プロ案件・音割れをなかったことに

ストリートミュージシャンの音源

ボーカルのミックスを劇的に向上させる

ライブハウスのライン録音

スカスカの音にあきらめたあなたにも

mastaring for daw

 配信音源のグレードUPに

LANDRでは物足りない?

ミックスマスタリング

MIX&マスタリング失敗?

せっかくRECしたのに物足りない...

セミナー音声修復

 音楽以外のセミナーなども

 動画コンテンツのノイズ除去など

この世から色あせたSoundを撲滅させたい.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。少し前ではマジックそのものだった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

© 2020 by  hybridsounreform.com.