>HOME>野外ライブの録音は風の吹かれを後処理で改善

改善事例|風ノイズが気になる野外ライブ録音のノイズ処理

オーディション用のライブ音源

 シンガーとして活動されているリピーターさまから、オーディション用の音源として利用するライブ音源をベターな音で応募したいとのことでサウンド・リフォームの依頼を頂きました。歌唱力が審査されるケースでは作り込んだ作品より、ライブ音源の方が説得力があります。しかし、パフォーマンスが良くても音に問題がある場合があります。

 演奏はボーカルとギターのデュオ形式。リニアPCMレコーダーで収録した音源です。映像がないのでどんなロケーションで収録されているかは解りませんでした。お申し込み時に「やや難のある音源」であることが明記され、細かく検聴したところ、周期的に「ボオ〜」という、低音ノイズが混入していました。

野外ライブ録音で気をつけたい「風」

ノイズの原因は何なのかと考えていましたが、演奏終了後の挨拶で「夏祭り」イベントのステージということを知りました。

なるほど、「ボオ〜」というノイズの正体は、風によるマイクの「吹かれ」でした。この手のエア録音された音源は客席のザワザワというノイズ処理が大変なケースがあるのですが、野外ということもあり反響がほとんどなくさほど問題になりませんでした。

この風の吹かれによる低音ノイズは「歪む」レベルまで強いものではなく、30〜100Hz周辺の帯域に乗っかっていました。同じ帯域で影響が強く出そうな楽器が収録されてないため、比較的処理がしやすく、軽いローカットを入れるだけでもある程度の改善はできます。
 しかし低域は音のパワーがある帯域。周期的に吹く風はそこが再生されるたびに「違ったギア」に入るような違和感があるのです。(小音量のスマホスピーカーでチェックするなら気にならないレベル)

プラグインだけじゃないオーディオ・リペア

違和感を無くすため、ローカットだけではなく、オーディオ・リペアツールRXで混入部分を修復を進めます。瞬間的な「プチっ」「ズザっ」というノイズは対応したプラグインを使用した方が簡単に処理ができるのですが、風のように数秒続くノイズではその音が入っている場所を探し、Gain調節(ヴォリューム処理)をかけることが多いです。

YouTube
YouTube動画ならとても簡単
先端の音声編集を一般開放
これからは音も選択する時代です。
1カメ動画をクリップへ
退屈な固定カメラの動画をミュージック・クリップに
音楽Hi-TeQ(ブログ)
サウンド編集ノウハウブログ
もっと見る

RXのスペクトログラムメーター(L-Ch) 選択された「風」の吹かれ成分

上の図のように音成分がヴィジュアル化され、強い音が明るい色で表示されます。音程のある楽器や歌は音階とリンクして線のように表現されます。今回の風のノイズ成分は画像で選択されている部分です。風がない状態だと選択部分の左側のように少し色が黒ずんだ感じになります。(真っ黒は無音状態)

RXはメーター上の選択部分に様々な処理ができますが、シンプルにボリュームをコントロールこともできます。メーターは拡大できるのでより細かな音を探し出し、ピンポイントに必要な処理を加え、音声データを書き換えることができます。

このノイズ部分を-18dBほどヴォリュームを落とす処理をすると下のグラフのように変化します。かなり風が吹いていない時の状態と近くなりました

「風」の吹かれ成分をボリューム処理後(-18dB)

今回例に挙げた「風」のように歌やギターの演奏に影響しにくい低音域での処理は比較的楽に改善できますが、演奏帯域に思い切りかぶっているノイズ処理をするには様々なテクニックが必要になります。録音された音を改善するのはこのようなツールなどを使って、時には顕微鏡で分析するがのごとく、細かな音処理をすることもあります。

​(追記2017)風対策専用のプラグインも登場

 サ今までは当方のように手処理で細かく修復していたエンジニアも多かったと思いますが、最新のRX-6Advancedには自動処理してくれるモジュールも増えました。ぜひ試聴してみてください。ここまで風の吹かれも改善できます。これらの修復技術向上もあり、最近では野外ロケなどの多い映画コンテンツなどもご依頼いただくケースが増えています。

雑音を消すだけじゃ音楽の輝きを増すことはできません

 サウンド・リフォームはこういった具体的に問題のある雑音をきれいにするだけではなく、収録された演奏の音楽作品としての魅力を高めるため、全体的な音質補正を行います。音圧処理や録音するとどうしても減劣する空気感を補うため、薄くリヴァーブを入れたりするなど細かな処理を加えていきます。

美しい音で録音するには、ベストなマイキングで極力エフェクト処理を加えないことが基本です。しかし、すでに様々な環境で簡易録音されたものをベターな状態にするには、そんなことも言って入られませんよね。そんなわけで少しでも聞いて楽しめるようお客様の好みを伺いながら様々なエフェクト処理を行います。

 今回は明確な出音に関するリクエストがなかったため、ヴォーカル処理を微妙に変えた2種類の音源を提案させていただきました。お客様も大変満足され、無事納品となりました。この記事で使用したRXの画像データはご依頼頂いたデータを読み込んだものですが、音楽自体はお客様のご要望で公開を控えています。もしこちらのビフォー・アフター音源を聴いてみたい方がいらっしゃいましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にコンタクトいただければと思います。

豆知識|野外収録の「風対策」必須アイテム

先端のデジタル機材でも集音は超アナログ的なマイクから収録されます。野外ライブの録音時はご自身の収録機材にあったウインド・スクリーン(ジャマー)を用意しておきましょう。

 

 すでに録音してしまった音源の音質改善なら、HybridSoundReform.comへご相談ください。HybridSoundReform.comは先端のノイズ除去とマスタリングを組み合わせた独自の国内初のサウンド・リフォーム(音質改善サービス)。音割れしたセミナー、楽器演奏の発表会など、動画関連の音質改善など、商用、私用に関わらず何でもご相談ください。短い音声なら無料で効果をお試しいただける、トライアルオーダーシステムがございます。どうしても何とかしたい音源も喜んでチャレンジさせていただきます。

 

アマチュアの録音機材

ハンディカム×ロックバンド

 臨場感を取り戻したい

あなたのもつ秘蔵音源

お蔵入りのVHSやカセットも

せっかくなら秘蔵音源をハイブリッド化

ストリートミュージシャンの音源

歌ってみた&弾いてみた

 もう少し背伸びしたいあなたにも

ライブハウスのライン録音

スカスカの音にあきらめたあなたにも

mastaring for daw

 配信音源のグレードUPに

LANDRでは物足りない?

貴重な演奏のビデオ

ピアノ発表会

貴重な演奏を美しく

ミックスマスタリング

MIX&マスタリング失敗?

せっかくRECしたのに物足りない...

セミナー音声修復

 音楽以外のセミナーなども

 動画コンテンツのノイズ除去など

ピアノ講師の副収入

音楽講師のみなさまへ

 ミュージックソリューションを盛り上げませんか?

この世から色あせたSoundを撲滅させたい.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。少し前ではマジックそのものだった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

© 2020 by  hybridsounreform.com.