>HOME>動画整音サービス>セミナー動画の音声ノイズ対処法

セミナー動画の音声ノイズ対処法

その動画の「音」は大丈夫ですか?

動画コンテンツはビジネスにとって欠かせないマーケティングツール。YouTubeでは各分野の専門家による動画セミナーも多く見かけます。コストをかけたプロが作成した良質なコンテンツもありますが、家庭用のビデオで簡単にアップできることから、残念ながらややクオリティに乏しい動画も少なくありません。

YouTubeはスマートフォンが普及する前はパソコンで視聴する人がほとんどでした。パソコンに内蔵されたスピーカーは多くの場合、最低限の音が聞けるだけの低品質なもの。そんな状況で視聴をスタートしたため、音声品質の基準が下がってしまった現実があります。

ご自身の動画をヘッドフォンで聴いたことがありますか?

ご自身の動画をヘッドフォンで聴いたことがありますか。もしないとしたら、すぐに試してみてください。聴いてみて違和感がなければ問題ございません。

 

 「サー(シュー)」といった空調は大丈夫ですか?

 「ガサガサ」と資料をめくる音は許容範囲ですか?

 「部屋の反響」で声は聞きにくくありませんか?

 「そもそものボリューム」は小さくありませんか?

 

対策①|収録時に欠かせない音のモニター

 プロのカメラマンはヘッドフォンを常時装着です。セミナー動画を収録するときに試し録画はしていますか?その時、 収録中の音声をチェックせずに録画していませんか。

 

 
音質改善の見積が半額?
等サービスの見積形式について。
ええ?こんな雑音まで消せるの?
これからは音も選択する時代です。
萎えるビデオも迫力のライブサウンドに
3点吊りの音割れをなかったことに
3点吊りマイクの音割れ改善実績
もっと見る
そんな音声ノイズを手軽に改善依頼できるサービスはこちら

ビデオカメラのほとんどにヘッドフォン接続ジャックがあります。お手持ちのイヤフォンで収録時に必ず「音」のモニターもしましょう。音をきちんと確認するだけでもクオリティ改善ができます。

 

ビデオカメラに内蔵されているスピーカーでは細かな聞き分けができません。収録内容をマーケティング活用する方は必ず行いましょう。

対策②|ビデオカメラの音声機能にも目を向けましょう。

話している間に鳴ったiPhoneの着信音も除去してしまうレビュー動画はこちら↓↓↓

外部マイクを使用すると一気に品質がアップします。機種やメーカーによって音声機能は様々ですが、音声レベルの調整はとても大切です。①の音のモニターをしながら、レベルメーターが振り切らない設定が必須です。

一般的なセミナーの最大音量は参加者からの拍手時でしょうか。大人数を相手にする場合は音の強弱の度合いも大きくなります。リミッターやアッテネーター機能がある場合はONにしてください。

 

音声機能にローカットフィルターがある場合は迷わず入れてみましょう。低音部には空調やプロジェクターのファンなどのノイズが多く、入れることで良い結果を得られる場合が多いです。

対策③素のままUPせずに編集ソフトを使いましょう

1台のカメラで簡易的に収録しているから必要に感じない方もいるかもしれません。直接アップロードできる便利なカメラも増えていますが、動画編集ソフトを活用すると同じ動画素材でも色んなメリットがあります。難易度が低い順にできることといえば。

①音声のボリュームを上下できる。

②不要な部分(映像・音声)をカットできる。

③テロップや画像資料、BGMなども差し込める。

④音声加工(簡単なノイズ処理など)もできる。

編集ソフトは簡単なものからプロ仕様のものまで様々

Macを利用の方は始めからiMovieといアプリがインストールされています。動画編集アプリはメーカーは違っても、おおよそ同じようなインターフェイスなので、まずはホビー向けの簡単なソフトで試すと良いと思います。フリーソフトも数多く出回っています。

デジタル録音のレベル設定は細心の注意を

音は無意識のうちにクオリティを判断されてしまう、重要ポイント。

音をヘッドフォンなしでモニターせずに収録するのは、目隠ししてバットを振るようなものです。

 

動画コンテンツの音質改善なら、HybridSoundReform.comへご相談ください。HybridSoundReform.comは先端のノイズ除去とマスタリングを組み合わせた独自の国内初のサウンド・リフォーム(音質改善サービス)。音割れしたセミナー、楽器演奏の発表会など、動画関連の音質改善など、商用、私用に関わらず何でもご相談ください。短い音声なら無料で効果をお試しいただける、トライアルオーダーシステムがございます。どうしても何とかしたい音源も喜んでチャレンジさせていただきます。