>HOME>動画整音サービス>セミナー動画の音声ノイズ対処法

セミナー動画の音声ノイズ対処法

その動画の「音」は大丈夫ですか?

動画コンテンツはビジネスにとって欠かせないマーケティングツール。YouTubeでは各分野の専門家による動画セミナーも多く見かけます。コストをかけたプロが作成した良質なコンテンツもありますが、家庭用のビデオで簡単にアップできることから、残念ながらややクオリティに乏しい動画も少なくありません。

YouTubeはスマートフォンが普及する前はパソコンで視聴する人がほとんどでした。パソコンに内蔵されたスピーカーは多くの場合、最低限の音が聞けるだけの低品質なもの。そんな状況で視聴をスタートしたため、音声品質の基準が下がってしまった現実があります。

しかしYouTuberのコンテンツは増加の一途をたどり、音声品質の全体レベルは向上傾向にあります。何も対策をしていない動画は無意識でも視聴者の感覚に「低グレード」のイメージが残ります。たとえiPhone撮影の動画でも外付けマイクは確実に必要といえるでしょう。

(参考動画)莫大な再生回数を誇るビジネス系YouTuberのマナブさんが最低限の音声についても解説

上記動画でiPhoneXに繋げている外付けマイク➡

ご自身の動画をヘッドフォンで聴いたことがありますか?

ご自身の動画をヘッドフォンで聴いたことがありますか。もしないとしたら、すぐに試してみてください。聴いてみて違和感がなければ問題ございません。

 

 「サー(シュー)」といった空調は大丈夫ですか?

 「ガサガサ」と資料をめくる音は許容範囲ですか?

 「部屋の反響」で声は聞きにくくありませんか?

 「そもそものボリューム」は小さくありませんか?

 

 

対策①|収録時に欠かせない音のモニター

 プロのカメラマンはヘッドフォンを常時装着です。セミナー動画を収録するときに試し録画はしていますか?その時、収録中の音声をチェックせずに録画していませんか。

 

動画や写真は必ず写った画面を確認し、構図を定めて録画しますよね?音だけはなぜかその確認をせずに収録する人が本当に多いです。マイクの位置をちょっと変えるだけで声の聞こえ方が良くなったり、無駄な部屋の響きを押さえられたります。

スマートフォンやビデオカメラには必ずヘッドフォン接続ジャックがあります。お手持ちのイヤフォンで収録時に必ず「音」のモニターをしましょう。音をきちんと確認するだけでもクオリティ改善ができます。

 

ビデオカメラやスマートフォンに内蔵されているスピーカーでは細かな聞き分けができません。収録内容をマーケティング活用する方は必ず行いましょう。

SoundRefomer

T.YAMAKAWA

「音楽・音声」のリフォームサービスを手掛けてます。音楽クリエイター→サラリーマンを経て独立しサービスを開始。日々、音でお悩みの様々なクライアントからお仕事を受注する傍ら、音楽ステージ系の映像編集も手掛けています。

対策②|ビデオカメラの音声機能にも目を向けましょう。

外部マイクを使用すると一気に品質がアップします。機種やメーカーによって音声機能は様々ですが、音声レベルの調整はとても大切です。①の音のモニターをしながら、レベルメーターが振り切らない設定が必須です。

一般的なセミナーの最大音量は参加者からの拍手時でしょうか。大人数を相手にする場合は音の強弱の度合いも大きくなります。リミッターやアッテネーター機能がある場合はONにしてください。

 

音声機能にローカットフィルターがある場合は迷わず入れてみましょう。低音部には空調やプロジェクターのファンなどのノイズが多く、入れることで良い結果を得られる場合が多いです。

対策③素のままUPせずに編集ソフトを使いましょう

1台のカメラで簡易的に収録しているから必要に感じない方もいるかもしれません。直接アップロードできる便利なカメラも増えていますが、動画編集ソフトを活用すると同じ動画素材でも色んなメリットがあります。難易度が低い順にできることといえば。

①音声のボリュームを上下できる。

②不要な部分(映像・音声)をカットできる。

③テロップや画像資料、BGMなども差し込める。

④音声加工(簡単なノイズ処理など)もできる。

編集ソフトは簡単なものからプロ仕様のものまで様々

Macを利用の方は始めからiMovieといアプリがインストールされています。動画編集アプリはメーカーは違っても、おおよそ同じようなインターフェイスなので、まずはホビー向けの簡単なソフトで試すと良いと思います。フリーソフトも数多く出回っています。

音は無意識のうちにクオリティを判断されてしまう、重要ポイント。

音をヘッドフォンなしでモニターせずに収録するのは、目隠ししてバットを振るようなものです。

 

セミナーの動画編集・音質改善なら、HybridSoundReform.comへご相談ください。HybridSoundReform.comは劇場公開映画の整音やノイズ除去を手掛ける音質改善サービス。セッティングミスで音割れしたセミナー、トラブルの改善や不意に混入してしまったエンジン音や子供の声なども軽減など、ハイレベルな音声修復を提供しております。​また商用の動画編集なども年間50本前後手掛けておりますお気軽にご相談ください。

 

この世から色あせたSoundを撲滅させたい.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。少し前ではマジックそのものだった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon
  • Pinterest Social Icon

© 2020 by  hybridsounreform.com.