>HOME>マスタリング>MTR録音したマスター音源をワングレードアップさせるための選択

MTR録音したマスター音源をワングレードアップさせるための選択

 曲作りをするミュージシャンならその手軽さからMTR(マルチトラック・レコーダー)を利用する方も多いでしょう。近年はパソコンを活用したDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)を利用するのが主流ですが、準備する機材や知識が多いことから、こ導入に尻込みしてしまう方が多いのも現実です。

 単体のMTRは基本となるマルチトラックレコーディングの最低限の知識は必要となりますが、DAWと比べ録音に関するオペレーションがシンプルです。自身の制作ルーティンが決まってしまえば手軽に録音できるので、浮かんだ楽曲イメージをスピーディーに記録したいミュージシャンには便利です。バンドメンバーに渡すためのデモ録音はこれで充分ともいえます。携帯性も高いのでリハーサルスタジオで簡易的なマルチ録音するのにも重宝します。

 機種にもよりますがハイレゾ対応のものもあり、記録音声のスペック上ではプロ作品と変わらない環境でレコーディングができはず。しかし現実には大きなグレード差が出てしまい、不条理に感じるものです。

マイク・プリアンプの導入をしてみませんか

 楽器や歌の録音グレードを左右するのはマイクということは想像ができると思います。しかし、MTRが使用される宅録環境では、意外と優先順位が低いのも事実。最近、ギターやベース利用されるエフェクターには優れたアンプシミュレーターが内蔵されたものが多く、MTRへの録音は歌を除いてライン録りしかしない。だから仮歌にしか使わないマイク関連の機材などもったいないと考えていませんか?

マイクプリアンプはマイクに接続して利用するだけではなく、ライン録音のブースターとして活用ができ、ライン録音のグレードもワンレベル上げられる場合が多いです。ギターやベースはもちろん、ドラムマシンの録り音も顕著に差が出ます。

 単体MTRはコンパクトなサイズの中に、いろいろな機能が集約されています。全体でも数万円のものですから、内蔵された各パーツはやはり必要最低限の「ベター」なスペック。イコライザーだけでも数十万円するプロのスタジオ機材と比べて、グレード差が出るのは想像できます。

 そこで押さえておきたいのがマイクプリアンプ。アンプは音を増幅させるシンプルなハードウェアですが、特化されたマイクプリの機材には元気な音を収録するための技術がが詰まっています。レコーディング時のグレードは後からエフェクトやプラグインをかけてもなかなか取り戻せるものではありません。音素材を入力するときの要ともいえます。手軽な価格で存在しているので一台購入することをお勧めします。

組み合わせたいコンデンサーマイクとその注意点

 綺麗なボーカルを収録するならやはりコンデンサーマイクと組み合わせて利用したい。Rodeなど、プロも利用するコスパの高いマイクでグレードアップが期待できます。しかし、自宅やリハスタなどで録音するには注意が必要。コンデンサーマイクは感度が高いためSM-58などのダイナミックマイクに比べてかなり細かな音まで拾ってしまいます。

空調や部屋の僅かな物音(時計の秒針なども)まで拾ってしまい、かえってそのノイズ対策に面倒なケースもあります。導入するな電源。パソコン周り、周囲から影響が考えられる最低限の防音対策は行いましょう。

自らの録音環境に対応するノイズゲートの最適な設定を研究しておきましょう。環境的にどうしても防止できない場合は無理に導入しない方が賢明です。

正式な作品として発表したい音源が生まれてしまったら

 デモのつもりで気軽に録音するも、いい意味で予想超えた作品が生まれる時があります。そんな場合は仕上げにマスタリングにチャレンジしてください。プロミュージシャン作品とのグレード差は様々ですが、仕上げの高い音圧処理などはマスタリングによって差がつく場合が多いです。

 マスタリングはプロユースのプラグイングレードをMTRで再現するのは難しいです。また、専門的なテクニックが必要となり付け焼き刃の技術ではなかなかいい結果を残すのは難しいものです。

 そういった、専門的な技術を捕捉するため、最近では手軽に利用出来るオンラインマスタリングサービスも存在します。LANDRというサービスなどを活用してみてはいかがでしょうか。オンライン上でMP3ファイルなどをプロのアルゴリズムで自動マスタリングしてもらえます。

 フリーでマスタリングサービスを行っているエンジニアも多く、世界的なエンジニアからインディーズミュージシャン向けまで様々なサービスが存在します。当サイトもそれに近いサービスを提供しています。

一流のエンジニアでも録音時のグレードを超えて音を良くすることはできません

 誰もがベストセッティングでレコーディングできるではありません。特にアマチュアは限られた環境の中で音楽を紡ぎます。ですので常に「ベターな選択」がポイントです。音の入口と出口を対策するだけでも、その作品を予想以上に高いレベルに引き上げられます。

​当方もICレコーダーでライブ演奏などを録音した、改善依頼も多いですが、適当に録音した音源はやはり改善レベルも低下してしまうものです。あくまでも補正、修正の域にとどまり、劇的な変化は望めません。

MTR作品のマスタリングなら、HybridSoundReform.comへご相談ください。HybridSoundReform.comは先端のノイズ除去とマスタリングを組み合わせた独自の国内初のサウンド・リフォーム(音質改善サービス)。自宅録音に混入しやすいハム・ノイズなどをきれいに取り除きます。自動マスタリングでは得られない丁寧なマスタリングを提供します。無料のトライアルオーダーシステム有り。

maxresdefault.jpg

「音割れトラブル」のある音源の改善依頼がありました。10年前ならほとんど修復不可能とされていた「音割れ」。デジタル録音時代になってからは録音時のトラブルとしてとても多い案件です。

吹奏楽の三点吊りマイク収録の音割れトラブル

ビデオカメラ

ピーク音量を抑えきれずにデジタルリミッターが作動。不自然な息継ぎ現象が発生してとても気持ち悪い音声に。

動画収録時の音声に起こる不自然なリミッター(息継ぎ現象)の修復事例

ほしのちろる.PNG

地下アイドル星乃ちろるさんに「サウンドリフォーム」を提供しました。当サイトは元々、ライブハウス演奏を収録したときの音質のチープさを改善するための始めたサービス

演奏をリニアPCMレコーダーで録音した際、iPhoneが近くにあると録音データに結構酷いノイズが乗ってしまうという事例があるようです。いわゆるマイクが拾った客席の環境音のノイズではなく、音声データ自体を破壊するような非常に強いノイズです。

録音した演奏をバッチリ妨げる不快なノイズの軽減作業を行いました。

バンド演奏に混入した携帯電話の電波ノイズを取り除く(改善サンプル付き)

この世から色あせたSoundを撲滅させたい.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。少し前ではマジックそのものだった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

© 2020 by  hybridsounreform.com.