HOME > ビアノ発表会 > 大切なお子様の発表会のビデオをしまいっぱなしにしていませんか?

大切なお子様の発表会のビデオをしまいっぱなしにしていませんか?

子供のピアノ発表会や学芸会のビデオは、当時の記憶を蘇らせてくれる大切な映像です。そんな大切なビデオですが、月日が経つと共に劣化し始め、最終的にはノイズ交じりで満足に楽しめないことがあります。もし、タンスの奥にしまいっぱなしのビデオがあるなら、一度音質改善を図ってはいかがでしょう。

 

新しいビデオにもノイズは発生する

発表会や演奏会を終え、ビデオを再生してみるとノイズが目立つ。こんな経験はないでしょうか。ノイズが発生するメカニズムは実に様々なのですが、原因のひとつとして「音を満足に拾えていない」ことが挙げられます。例えば、お子様の晴れ舞台はアングルを重視して場所を選びがちですが、アングルが良くても音を満足に拾えない場所で撮ってしまうと、音声が乱れた映像となってしまいます。スマホだけでなくビデオカメラでもこのような現象が発生しますが、これはマイクの性能があまり良くないために起こるものです。そのため、音声の乱れが生じるのは古いビデオに限りません。音の収集に特化したビデオカメラであれば、ある程度の音質を確保できると思いますが、そうでない場合は、ステージ近くなど「音がよく拾える場所」で撮影することをおすすめします。

 

思い出の映像はお早めにご相談を

現在は滞りなく再生できても、経年劣化によりビデオテープが再生できなくなることがあります。保存状態が良ければ良いほど長持ちする傾向がありますが、そのためには高温多湿を避け、近くに磁気を発生させるものを置かず、きちんとケースに入れて保存する必要があります。しかし、このような環境を整えるのは手間がかかるほか、仮に整えられたとしても、劣化を完全に防ぐことは不可能です。思い出の映像を劣化させないためには、DVDやブルーレイへの焼き増しなどの対処が必要です。焼き増しができる環境が整っていないという方は、一度プロへの依頼をご検討なさってはいかがでしょう。​ 

大切な発表会の音質改善を図りたい、大切な映像を他のメディアに移したいとお考えの方は、HybridSoundReform.comへご相談ください。HybridSoundReform.comで行っているSound Treatmentプランでは、ノイズ除去等の処理により音質改善を図るほか、お客様の用途に応じたメディアへの変換を行います。なお、音質改善の際は、演奏の臨場感を失わせることなく丁寧にクリーニングいたします。プロによるサウンドトリートメントを実感したいという方は、お気軽にご相談ください。

 

この世から色あせたSoundを撲滅させたい.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。少し前ではマジックそのものだった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

© 2020 by  hybridsounreform.com.