HOME>整音サービス整音の外注

整音の外注|音割れやノイズでお困りの企業サポート

映像編集がパソコンで手軽にできるようになったことで、企業内で独自に映像制作を手がける会社も増えています。会社によりその制作内容は様々ですが、ロケ収録が必要なインタビューや講演、ナレーションなど、ある程度の音質で聞かせなければならない場合、整音作業が必要になります。例えばその動画制作担当が音質調整の初歩的であるイコライザーを効果的に使いこなせないとしたら、音に関しては素人といえるでしょう。

ハイクオリティの「音質」を得るには専門スタジオでのレコーディングや録音のプロによるものと、イージーに収録されたものとはやはり差がでます。​しかし音専門スタッフを抱えるほど余裕がある企業は多くありません。動画制作担当者にプロクラスの整音スキルをすぐに習得するのは困難です。

音編集スキルは繊細な感性と経験値、様々な機材に精通していることが必須

音声の専門スキルの外注先は意外と少ないのが現状です。音のプロといえばテレビや映画制作にかかわるポストプロダクションスタジオ、レコーディングスタジオがそのほとんどの専門エンジニアを育て保有していました。それらのスタジオはテレビ局や映画製作会社などのプロジェクトを丸ごと受託するのがほとんど。そのため、一般ユーザーや企業向けに細かなスキルを切り売りする営業は極めて少ないです。

 

​したがって、企業の動画制作担当が困ったときに気軽に依頼できるサービスはあまり多くないのが実情です。「そんなの担当が何とかしろ」というのがよくある企業の体質ですが、「整音」はある程度解像度が高い専用モニターなどの機材が必須。繊細な音を聴き分けるには多くの経験値を要するため、数々の制作をこなして経験的に学ぶしかありません。したがって自前で急にクオリティが向上することはありません。

ハイブリッド・サウンド・リフォームは音編集の専門サービス

ハイブリッド・サウンド・リフォームではそういった自前で動画を手掛ける企業様のサポートも多く行っております。配信コンテンツや企業紹介インタビュー、動画制作のプロが手掛けた作品の収録などのミスをリカバリーするお手伝いをしております。音楽制作の緻密な仕上げ(マスタリング)や劇場公開映画の整音のプロ案件、一般ユーザーがボイスレコーダー録音した聴きづらい音声の明瞭化など、専門サービスならではの幅広い改善メソッドを持ち合わせております。

10年以上前では不可能とされていた音編集技術、最先端のオーディオレストレーション技術をプロ、アマ問わず提供しています。どうしても撮り直しがきかない音声素材の修復や、問題ある音の修復をお手伝いしています。お困りの音源を無料トライアルでその改善効果をお試しください。

改善事例ブログはこちら

このような音源のリフォームを手掛けています.

・音割れナレーション・ピンマイク収録ミス・反響の多い講演会収録・野外地鎮祭の聞こえにくい声の明瞭化・船上インタビューの風切り音の軽減・うるさいファミレスや居酒屋での会話(明瞭化)・電話会話(明瞭化)・音質の悪い(校歌など)テープの明瞭化など

​※収録状態によりギブアップ、お見積りが出せないケースも有

この世から色あせたSoundを撲滅させたい.....

ビートルズのフリー・アズ・ア・バード(Free as a Bird)はご存知ですか?

1995年、ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバーが完成させた奇蹟の曲。それはジョンが市販のカセットテープ(1977年)に残した音源。ピアノと歌が1トラックで録音されており雑音も入っていたという。当時はそのテクノロジーに憧れたもの。少し前ではマジックそのものだった音質改善技術をどなたにも提供いたします。

Hybrid Sound Reform

「音楽・音声」をリフォームする新感覚サービス

© 2020 by  hybridsounreform.com.